メニエール病とは現代に巣食う病〜人生の分岐点となる病の実態〜

カウンセリング

身体のサインを見逃さない

男性

腎臓病はその名の通り腎臓の働きが低下してしまうことです。腎臓は身体に害を及ぼす老廃物を体外へと除去する役目や、水分量の調節を行なっている大切な臓器です。もしも腎臓病になってしまえば、これらの働きをスムーズに遂行することができないためとても危険です。一度腎臓病になってしまうとその機能を回復させる術はないと言われており、慢性的な腎不全を引き起こしてしまいます。腎臓病から腎不全にまで悪化してしまうと、老廃物の除去ができず、尿毒症を引き起こしてしまいます。尿毒症になると、嘔吐や吐き気、疲労や倦怠感、むくみなどの症状が表面化し、血圧の上昇や体重の減少などの異常が顕著に現れだします。そのため、自覚症状が少ない腎臓病の可能性を見出すための診断基準としても利用されているのです。

慢性的な腎不全を患ってしまうことで、老廃物は身体の中にどんどん溜まってしまいます。そうなると、正常な生存維持活動を行なうのに支障が出てしまいます。老廃物を取り除く方法としては透析治療が行なわれたり、酷い場合には移植などのような腎代替療法を選択することになるでしょう。腎臓病は一昔前には不治の病と言われていました。勿論、失った腎臓の機能を回復させる術は未だ確実ではありません。しかし、医療技術は着実に進歩しており、機能低下を防止する策や進行遅延は行なうことができるようになっています。しかし、そのためには早期に病気を発見し、治療を開始することが望ましいのです。定期的な検査を行ない、腎臓病によって引き起こされる症状を自分自身の知識として有していることで、腎臓病の悪化は食い止めることができると言えるでしょう。