メニエール病とは現代に巣食う病〜人生の分岐点となる病の実態〜

カウンセリング

聞きなれない内耳疾患

歯医者

メニエール病という病を知っている人は未だに少ないでしょう。耳慣れないこの病は、内耳の病気として診断されます。内耳のリンパが増えることで水ぶくれのような症状を引き起こしてしまうのですが、これがメニエール病の正体とされています。メニエール病を誘発してしまう原因として近年考えられていることは、ストレスや睡眠不足、疲労などの現代社会とは切り離すことができないものです。また、気圧などの自然環境によるものも原因の一端になっているのではと考えられています。几帳面で真面目な性格の人ほどメニエール病を発症してしまいやすい傾向にあるため、精神的な面での負荷が大きく関係していることは否定できないでしょう。

メニエール病になるとめまいや耳鳴りなどの症状が現れ出します。酷くなると難聴の症状も起きてしまうため、早急に検査を行ない治療を受けることが大切と言えるでしょう。メニエール病と診断された場合、服薬治療を行ない回復を図ります。めまいを軽減する薬や内耳の水ぶくれを緩和させる薬を使用するのですが、状態によっては点滴での治療に至ることもあります。ですが、難聴の進行遅延は薬では防ぐことができないため、根本的な解決が望ましいのです。ストレスを解消し、身体をゆっくり休めるなど、精神的なケアがとても大切と言えるでしょう。難聴が悪化してしまうと手術を行なうこともあるため、違和感を感じたり、その症状を繰り返すような場合には、専門医の診察を受けるようにしましょう。